フリーター就職の極意|使える求人サイト徹底検証

 フリーターの就職には、自分の今もっている能力やポテンシャルはもちろん、気力が非常に重要になってきます。もしバイトをしているならば精神的に強気にならなければ、辞めることすらできないと思います。物事をはっきり言うのが苦手な人や、強く言われたら従ってしまう人には、就職は非常に負担があります。

 

 自分の言うべきことや得るべき権利をはっきり知ることが、就職活動の第一歩です。

 

 決心が付いたら、フリーター向けの求人情報を探します。私は、求人情報サイトで情報を集める以外にも、エージェントに頼むことにしました。この方法だと、3ヶ月努力すれば、ほぼ誰でも就職先が見つかると担当者に聞きました。もし、時期的にちょうどよければ、エージェントに相談するのもよい方法だと思います。スケジュール調整も、会社との交渉も取り持ってくれるので、すべて自分で行うよりは、労力を使う事が減ります。

 

 それから、随時面接に行きます。遠方の場合、相談すれば、一時面接はスカイプで行ってくれる企業もあります。少しでも気になる企業があれば、柔軟に対応してくれる場合もあるので、相談した方がいいと思います。実際に私も数社はスカイプでお話させてもらいました。面接のために会社を休むのが大変な方もいると思いますが、大切なのは、今働いている会社よりも、次に働き始める会社です。有給休暇があまっているのなら、強めに交渉して、チャンスを掴みましょう。

 

 就職先が決まったら、バイト先を辞めます。フリーターですので比較的やめる時は難しいことはありませんが、引き継ぎなどは欠かさずやっておきましょう。

 

 無事にやめることができたら、新しい会社に入社します。以上がフリーター就職の流れです。

更新履歴